内閣府公認の公益社団法人である全日本司厨士協会の会報誌「東京CHEFS」に当店が掲載されました。

以下、抜粋

練馬区の大泉学園駅から徒歩5分。閑静な住宅街の一角にガラス張りの明るい雰囲気のショップが目に留まる。「クッキング・チ ーズ」は、(有)メルティングボット代表取締役の佐藤陽美氏が昨年12月にオープンしたチーズ専門店だ。ショーケースには常時40種のセレクトチーズが並ぷ。「フランスではチーズを総菜感覚で扱っています。日本の皆さんにも身近に感じていただきたいと思っています。」

小ロットなのでお手頃価格。シュレッド、パウダー、ダイス、クラッシュにカットして食ぺやすさも魅力にした。シュレッドは数種の中から自分好みをセレクトしたら、味バランスを整え量り売りする。 多種ほか、オリーブオイルやはちみつなど無添加にこだわったものやアメリカチーズなど、 長年チーズプロモーションを手掛ける佐藤氏ならではの品揃えだ。こんなこともあったそうだ。「小学生の男の子から学校の課題で取材を受けたことがありました。しばらくしたら、その子が「ここのチーズはおいしいから買って」と自分のお母さんを連れて来てくれたんです。嬉しかったですね。」

みそチーズや惣菜チーズミックスなど新しい商品も随時提案する。「お客様の反応を見ながらそれなら今度はこうしてみようと変えてみる。試行錯誤の繰り返しです」。そう話す佐藤氏はとても優しい顔をしていた。